WiSEOライティングαテストの期間を延長いたします

いつもCopyContentDetectorをご利用頂きありがとうございます。

αテスト中のコピペチェック管理システム「WiSEOライティング」のテスト期間を延長いたします。テストアカウントをご希望の方は下記フォームより申請をお願いいたします。

αテストお申込みフォーム

αテスト概要

テスト実施期間:~9月30日(暫定)
アカウントお申込期間:~9月11日(暫定)
※終了タイミングが延期される可能性がございます
利用範囲:α公開時点での全機能
コピペチェック利用可能量:ライトプラン相当(25万文字/月)

※テスト終了後、ご登録いただいた文章データが消える可能性があります。
データが必要な場合には、必ずバックアップをお取りください。

WiSEOライティングとは?

「WiSEOライティング」はコピペチェックをより便利に、そして効率的に行う為の「コピペチェック管理ツール」です。

クラウドツールなのでどこからでも使えます

CopyContentDetectorと同じくクラウドツールの為、インターネット環境とパソコンがあればお使い頂けます。

登録文章をグループに分けて管理可能

文章をグループごとに分けて管理できるので、あとから改めて結果を確認したり、カテゴリごとに文章をまとめて確認することが可能です。

また、月ごとにグループを作成して管理を行ったり、案件ごとに管理を行うといった使い方も容易です。

ブラウザからの利用時は、登録文章がすべてが表示されますが、
このグループ分け機能を使うことで、特定のグループの記事に素早くアクセスを行う、
または過去の文章の確認などが容易に行えます。

ユーザーを分けて運用可能

権限の異なるユーザーを作成可能です。
観閲のみのユーザーや、特定グループのみ編集可能なユーザーなど、ケースに合わせてご利用頂けます。
作成したユーザーは、割り当てられた案件グループ/案件以外の記事を確認・観閲はできません。
そのため、「Aグループの文章は見てもいいけどBグループは見せられない」といった場合でも安心です。

文章のグループ分けとユーザー機能により、以下のような活用が可能です。
・担当者ごとにリーダーアカウントを作成し、案件の管理を行う
・執筆担当ごとにスタッフアカウントと案件を作成し、執筆からコピペチェックまでを依頼する
・社外向けにゲストアカウントを用意し、コピペチェックの結果を共有

同じ結果を確認できるので、認識のすり合わせが容易に

ブラウザから利用する場合には、同じ文章を別々のアカウントで登録すると、
時間の経過などで結果が異なることがありました。
そのため「自分でチェックしたときは大丈夫だったのに、後からもう一度チェックしたら引っかかった」といったケースが発生していました。

WiSEOライティングを使うことで、複数人が同じ結果を確認できるので、
認識のすり合わせが容易です。

より効率的に、よりスムーズにコピペチェック

WiSEOライティングを利用することで、これまでより効率的にコピペチェックを行えます。
・運営メディアごとにグループ分けし、それぞれの担当者がコピペチェック
→別のメディアの記事と混ざらず、一度にたくさんの文章をチェックしても混乱しない
・クラスごとにクループを分けし、生徒ごとに案件を作成して提出レポートの管理。
→生徒のアカウントを案件のみに紐づければ、他の生徒の提出物は見えません
・ゲストアカウントを作成し、納品先のクライアントと結果の共有
→結果の詳細まで確認でき、納品後に再チェックの必要もありません。

今までは上記のような機能はAPIを利用した自社開発を行わなければご利用頂けませんでしたが、
WiSEOライティングではご登録のみでお使い頂く事が出来ます。

αテストお申込みフォーム

タイトルとURLをコピーしました