CopyContentDetectorを活用して稼働削減&コストダウン

便利な使い方

いつもCopyContentDetectorをご利用頂きありがとうございます。

よりご便利にお使い頂くためのポイントをピックアップいたしましたので、
この機会にCopyContentDetectorを更にご活用頂き、稼働やコストの削減にお役立てください。

クラウドツールだから在宅勤務でも楽々連携

特定のパソコンにインストールしなくてもOK!
インターネット環境があれば自宅から作業ができる
さらに1契約で複数人が使えるから、社内やプロジェクト内で結果の共有も簡単

特定のパソコンにインストールしなくてもOK!

CopyContentDetectorはクラウドサーバーを利用していますので、アカウント登録をしてチェックした文章データは使うパソコンが変わっても消えません。

面倒なインストール作業もありません。ユーザー登録を行い、ログインをすればすぐに使うことができるので、急に違うパソコンで使うことになったり、使う人数が増えても素早く対応できます。

ログインせずにチェックした文章は消えてしまう可能性があります!ユーザー登録後、ログインしてお使い頂くとデータも消えず安心です。

インターネット環境があれば自宅から作業ができる

インターネット環境があればいつでも利用可能。在宅勤務でも今までと同じように使えます。
さらに、デスクトップPCで登録して出先のノートPCで結果を確認するといったことも可能です。

1契約で複数人が使えます

有料プランはインストール台数や使用人数の制限がありません。会社やプロジェクトで契約すれば全員が使えます。在宅のスタッフとオフィスのスタッフが同時に文章をチェックすることもできますし、結果のURLを送って内容を確認するといったことも可能です。

相手も同じアカウントでログインしていれば、文章をチェックした後、結果のURLを相手に送ると内容を確認できます

CSV一括登録機能・テキスト登録機能を活用

件数が多いならCSVファイルにまとめて登録すれば1回で全ての記事をチェック可能に!
TEXTファイルの一括登録も複数ファイルをまとめて登録できます

CSV一括登録で時短しよう!

1件や2件ならフォームに登録してもいいのですが、20件、30件と登録していくのは中々大変…。大量の文章をチェック時はCSV一括機能がおすすめです。

ここから選んで

登録!あとはチェックが終わるのを待つだけです。

テキストファイルも一括登録できます

CSVだけではなく、TEXTファイルもそのまま登録できます。

ここから選んで

このようにチェックしたいファイルをまとめて登録できます。ドロップした瞬間に文章が登録されるので、あとは結果を待つだけ!

どのくらいコストダウンできるの?

手動で文章を登録していくと、慣れていてもおおよそ1件つにつき15秒はかかります。
ファイルが分かれていたりすると、開いて、閉じて……とさらに時間がかかることも。

手動で登録(1件20秒、時給1500円のスタッフで計算)
・30件:20秒*30=10分 250円
・月に10回行うとチェックに登録するだけで1時間40分
・年間で22時間 約33,000円・100件:20秒*100=30分 750円
・月に10回行うとチェックに登録するだけで5時間30分 8250円の人件費
・年間66時間 約99,000円CSVで登録
何件でも約30秒
月に10回=何件登録でも5分で終了!1070円/月のワードプレスプラグインプランでも1日100件CSV登録できるから、
・1日30件を月に10回行っている場合:年間2万円コストダウン
・1日100件を月に10回行っている場合:年間8万7千円コストダウン

1日に30件以上登録したいときは?

無料プランではCSVで登録できるのは1日30件までですが、有料プランをご契約頂く事で30件以上の登録が可能になります。

1日に30件以上CSVで登録できる有料プランはこちら

WordPressプラグインを活用しよう!

WordPressを利用しているなら、プラグインを活用しよう
投稿をそのままチェックできるので、記事公開までスムーズ!

WordPressから直接文章をチェックできる

WordPressでサイトを運用しているなら、プラグインをお使い頂くとワンストップで文章のチェックができます。
このようにWordpressからチェックできるボタンが付きますので、投稿内容をそのままチェック可能
結果の詳細もWordpressから確認できます。
投稿一覧画面には数値のみの簡易結果が表示され、投稿編集画面では詳細な結果も確認可能です。
投稿編集画面で詳細を確認。

文章作成→コピペチェック→公開までワンストップ

WordPressで投稿を作成してそのままコピペチェックができるので、公開までワンストップで行えます。
例えばこんな使い方
・ライターがそれぞれ書いた文章を1件1件チェックするのが大変…
→Wordpressに文章を登録して頂いて、スタッフがまとめて一気にチェック。
OKだったらそのまま公開
タイトルとURLをコピーしました