「混成一致率判定」の発明に関して特許を取得いたしました。

お知らせ

いつもCopyContentDetectorをご利用いただき、誠にありがとうございます。
この度、当ツールにて提供しております「混成一致率判定」の発明に関して、特許を取得いたしました。
クラウド型コピペチェックツールとして初の特許事例となります。

「類似文章検索装置およびプログラム」についての特許を取得

特願<2019-139293>

取得した特許は「検索対象の文章の分割方法を形態素解析により行い、URLの一覧を一致率が高い順に表示し、かつ「混成一致率」を表示したもの」に関わる発明です。

混成一致率について

「混成一致率」(※商標出願中)は「チェックした文章」に対して複数の「類似・一致が見られるURL」から該当部分を取得、表示する仕組みとなります。
複数サイトから少しずつコピーしてきたコンテンツ『キメラコンテンツ』(※商標出願中)の発見が容易となる判定基準で、これまで見逃していたコピーコンテンツの発見や、コピペチェックの効率化に寄与します。

混成一致率についての詳細はこちらの記事をご確認ください

判定基準「混成一致率」について

混成一致率を実際にお試しいただけます

お申し込みフォームより「混成一致率」判定を確認できるテストアカウントを発行可能。
発行から7日間利用できます。

APIプラン テストアカウントお申込みはこちら

また、混成一致率をご利用頂けるAPIプランの詳細はこちらからご確認ください

APIプランを詳しく見る

タイトルとURLをコピーしました