CSVで納品されていない文章をCSV一括登録する方法

便利な使い方

コピペチェックツールであるCopyContentDetectorのちょっと便利な使い方を紹介します。

■CSVではない文章をCSVにして一括登録する

外注で作成した文章などがCSV形式以外で納品された時に、CopyContentDetectorに一括登録する方法です。CSVの形式であれば、クラウドソーシングサービスなどからダウンロードしたものでなくても良いのです。

1.エクセルを開く

CSVのエディタとしてエクセルを利用しています。まずは普通にエクセルを開きます。

2.文章を貼り付ける

一番左のセルに文章を貼り付けます。1文章1セルに貼り付けていきます。複数の文章を貼り付けるときは、もう一つ下のセルに文章を貼り付けてください。以下の様な画像の感じですね。

 

3.CSVとして保存する

CSVファイルとして、保存します。名前をつけて保存→ファイルの種類を【CSV】に変更して保存します。保存方法は、こちらのサイトでご確認ください。

4.CopyContentDetectorにCSV一括登録する

CSV一括登録をします。まずは、CSV一括登録画面を表示するために、【一括登録開始】ボタンを押します。

 

 

次にアップロードするファイルを選択します。ファイルを選択ボタンを押して、保存したCSVを選択し、次へボタンを押します。

 

 

正しくアップロードされると、画像のように列を選ぶ画面が表示されます。今回のCSVは1列しかデータが無いので、1列目を選択します。各行の部分に正しく入力した文章の先頭が表示されていることを確認します。今回は、1行目をヘッダとして無視するのチェックボックスはチェックしないでください。

 

もし、正しく表示されていない場合は、CSVのアップロードが失敗している可能性があります。対応しているCSVはエクセルで読み込めるCSVのみとなっています。よろしければ、【確認画面】ボタンを押します。

 

件数を確認してください。CSVの行数と同じ行数が表示されていれば、問題ありません。【取り込み】ボタンを押します。

画面がトップ画面に戻ります。CSVのデータが登録されているのがわかります。

 

5.チェックが完了するまで待つ

あとは、チェックが完了するまでしばらく待ってから、再度CopyContentDetectorにアクセスします。ブラウザを閉じてもチェックはされますので、他の作業をしてもいいかもしれません。

 

ある程度まとまった量の文章を登録するときは、ぜひ活用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました